早めの対策が肝心! 紫外線から子どもを守るUVカットグッズ

子どもの紫外線対策ってされていますか?紫外線を浴びすぎると、人体にさまざまな影響が生じます。とくに皮膚が未熟な子どもは紫外線の影響を受けやすいので、幼少時期からの対策は必須です。

また紫外線量は4月~9月が最も多く、曇天でも80%以上の紫外線が通過してくるといわれています。ですのでこれからの時期は、1年の中でもとくに注意が必要なんですね。

そこで今回は、子ども向けのサンスクリーン剤にプラスして使える、紫外線対策グッズを用途別にご紹介します。日焼け止めに抵抗のある方も安心できる商品ですので、この機会に紫外線対策を見直してみてはいかがでしょうか。




サングラス

KiETLA(キエトラ)サングラス

KiETLA(キエトラ)サングラス
KiETLA(キエトラ)サングラス

4,644円(税込)
商品販売サイト comingshop

紫外線は目にも影響があるんですよ。長時間、強い紫外線を浴び続けると角膜炎になるリスクもありますので、サングラスで目をしっかり保護してあげることが大切です。

でも子どもが嫌がるんじゃないかと不安に思いませんか?そこでおすすめしたいのが KiETLA のサングラスです。

頭を圧迫しないソフトフレームで、かけ心地も抜群。長時間かけていても疲れないので、子どもにストレスを与えません。また壊れにくい1ピース構造ですので、引っ張ったりして遊んでしまっても壊れる心配はありません。

取り外し可能なストラップが付いていて、成長に合わせて調節可能です。ストラップは引っ張ると外れるようになっているので、安全面も考慮されています。月齢ごとにサイズもありますし、可愛いパッケージですのでギフトにも最適ですよ。




帽子

MARLMARL(マールマール)bonnet

MARLMARL(マールマール)bonnet

4,104円(税込)
商品販売サイト MARLMARL

紫外線対策には帽子も必須アイテムです。MARLMARL の bonnet は見た目もキュートで、思わずママもかぶりたくなっちゃいますね。帽子を嫌がる子どもも多いのですが、このたれ耳デザインなら喜んでかぶってくれることでしょう。

顔周りがおおわれているのでなんとなく熱そうなイメージがしますが、コットン素材のため蒸れて汗をかく心配もないです。また冬の冷たい風をガードする役割もありますので、季節問わず1年中使える頼もしい帽子なんですよ。

普通にかぶるとゆったりしたフォルムになりますが、首元のリボンゴムでフィット感を調整できます。顔周りにフィットさせることで雰囲気も変わりますので、その日の気分で変えてみるもの楽しいですね。




ケープ

ユグノー シャダンケープ

ユグノー シャダンケープ

4,536円(税込)
商品販売サイト UnHuit

子どもを抱っこしていたりベビーカーに乗せていたりするときに、しっかりと足まで紫外線をガードすることって難しいですよね。そんなときにおすすめなのが、ユグノーのシャダンケープです。

これはベビーキャリーとベビーカーに使える2WAYケープです。体全体をおおえるため、足の日焼けもブロックしてくれます。裾が袋状になっているので、子どもが足を動かしても外にはみ出すことはありません。クリップで簡単に着脱できるのも魅力です。

また吸水性と速乾性に優れているのでお手入れもしやすいです。ママとしては嬉しいポイントですね。UVカット率は95%以上ですので、紫外線から守ってくれるのはもちろんですが、体感温度を3度下げる効果もあり、熱中症対策としても活躍してくれるでしょう。




サンシェード/ベビーカー

T-REX(ティーレックス)レイフリーUV99%

T-REX(ティーレックス)レイフリーUV99%
3,942円(税込)
商品販売サイト comingshop

ベビーカーで移動することが多い、また紫外線から徹底的に守りたい場合には、紫外線を99%カットできる T-REX のレイフリーUV99%がおすすめです。大きなカバーで足元までしっかりガードしてくれますよ。

帆が付いていれば、どのタイプのベビーカーにも取り付け可能です。伸縮素材で角度を自由に変えられるので、日差しの具合によって微調整できるのも嬉しいですね。

両サイドの布地がメッシュで、熱がこもりにくい構造になっています。なのでベビーカーを完全におおった状態でも、快適な状態に保ってくれますよ。子どもがお昼寝していても安心ですね。またコンパクトに収納できるため、使わなくなったときにもかさばらず便利ですよ。




サンシェード/車

Bitatto Shade(ビタットシェード)

Bitatto Shade(ビタットシェード)

874円(税込)
商品販売サイト Petitto Mall

紫外線対策で忘れがちなのが車内です。「UVカットガラス搭載」と書いてあるから安心というわけでもありません。UVカット率90%くらいあれば良いのですが、中には20%くらいの場合もあるんです。ですので車の中も、紫外線対策するに越したことはないです。

おすすめは Bitatto Shade です。自己吸着力があり着脱も簡単なのが特徴で、子どもが自分で貼り付けることも可能ですよ。サンシェードにありがちな吸盤タイプではないので、劣化してすぐに落ちてしまうことがないのが嬉しいですね。

またアルファベットや数字などがポップにデザインされていますので、遊びに飽きてしまったときにも楽しめます。もちろん車の中だけでなく、お家でも活用できますね。折りたたんでコンパクトに収納できるので、持ち運びも楽ちんですよ。




こういったUVカットグッズを活用することで、紫外線から子どもを守ることができます。子どもは紫外線なんてこれっぽっちも気にしていませんから、親が注意してあげることが大事ですね。

毎日の小さな心掛けが、子どもの将来に大きく影響してくることもあり得ますので、ぜひ早めの対策をされてみてください。