出産祝いで貰って嬉しかったものとは?貰って嬉しかったもの3選!

大切な人に待望の赤ちゃんが生まれた時に、最初に悩むのが『出産祝い』ですよね?出産祝いを贈る上で大事にしたいのは「贈った相手が喜んでくれる事」です。

今回は、出産祝いを貰った経験のあるママさん達の声を元に、「貰って嬉しかった出産祝い」についてまとめていきます。

贈る側と貰う側で生じるギャップ

贈る側と貰う側ではその品物に対する『想い』にギャップが生じます。このギャップを埋める方法は、『コミュニケーション』しかありません。出産祝いをサプライズで贈ろうと思っている場合、コミュニケーションをとってしまっては、サプライズではなくなってしまいますよね?

それではどうすれば、相手に喜んでもらえる出産祝いのプレゼントを選ぶ事が出来るのでしょうか?ここでは、実際に出産祝いを貰った経験のあるママさん達の意見を元に「貰って嬉しかった品物」について解説していきます。

実用的な物は嬉しいという声が多数

多くのママさん達が喜ぶ贈り物の共通点は『実用的な物』という声が多数挙がっています。可愛らしい写真立てや、派手なデコレーションのオムツケーキ等は、見た目は可愛いですが、実用的かと言われれば、そうではありません。記念品として貰う分には問題ありませんが、出産祝いとして贈るのは、ちょっと嬉しくない品物のようです。

実用的であっても、使われないというパターンの品物もあります。人によっても違いますが、その多くは「代用品でなんとかなるような品物」です。

例えば、一時期流行したドーナツ型枕を例にしましょう。赤ちゃんの頭の形を「絶壁状態」にしない為や、背骨が自然な形になるようにといった効果があり、出産祝いの贈り物として人気でした。しかし、実はこのドーナツ型枕は、小さくて薄めのタオルを4つ折りもしくは3つ折りにするだけで代用出来てしまいます。

枕は赤ちゃんの吐き戻しがあれば、その都度交換して新しいものに替えなければなりません。毎回出産祝いで貰った枕を洗っていてはキリがありません。その為、代用品のタオル枕を使用しているママさん達の多くは、ドーナツ型枕を貰っても使っていない、使わなくなったという声が多数挙がっているのです。

嬉しくなかった出産祝い

出産祝いを貰ったけどあまり嬉しくなかった品物について解説していきます。この声はあくまでもママさん達の主観になる為、賛否両論がある意見だとは思いますが、出産祝い選びの参考程度に覚えておきましょう。

  1. サイズが合わないベビー服
    子供服のサイズは新生児~80サイズ、90サイズと多くのサイズがありますが、小さすぎる、大きすぎるベビー服は、貰ってもあまり嬉しくないという声が。新生児用の服に関しての意見が特に多く、出来るなら上下別の80サイズのベビー服が良かったという声が多いようです。どうして80サイズなのかというと「立って歩く頃に着させられる」という理由からだそうです。
  2. ミトン
    今の赤ちゃん達やママさん達はあまり使用していないというのが理由です。汗をかきやすい赤ちゃんの場合、ミトンをしていると汗が蒸発せず、手の平のかぶれにもなってしまう事があるようです。
  3. 自分の趣味と合わないキャラクター物
    この意見は多くのママさん達から寄せられました。子供であっても、キャラクター物は趣味や好みがはっきりと分かれる物。可愛いデザインの物が多いですが、少し考える必要がありそうですね。

貰って嬉しかったもの3選

先輩ママさん達が貰って嬉しかった出産祝いにはどんな物があるでしょうか?ここでは実際に貰って嬉しかったという品物を3種類紹介していきます。

現金

意外に多かったのが『現金』です。返礼品(内祝い)の予算に充てられる、好きなものを買ってあげられる、自分用にも使えるといった声が多かったです。確かに、品物よりも現金の方が使い勝手は良さそう。商品券よりも『現金支持派』の方が多かったです。

ただし、現金を贈る際には、ご祝儀袋や水引など出産祝いに適したマナーに沿って贈るようにしましょう。「親しき中にも礼儀あり」ですからね。

消耗品

オムツや離乳食、おしりふきや粉ミルク等、『消耗品』を支持する人も多かったです。一回購入すれば何度でも使用できる物と違って残る物ではないですが、育児に追われるママさん達にはとても嬉しい贈り物だそうです。特に、産後すぐに必要な新生児用のオムツや、粉ミルクなどはママさん達もいちいち買い出しに行く手間を考えると、喜んで受け取ってもらえます。

注意したいのが、オムツであれば『サイズ』、粉ミルクであれば『いつも使用している物』を選ぶという事。メーカーや機能によっては、使わないという事にもなりますので、普段使っている物の情報を事前に聞いておくようにしましょう。サプライズで渡したいのであれば、贈る相手の家族や、自分よりも先に出産祝いを渡しに行った友人達から情報を仕入れましょう。

ママにもご褒美を

赤ちゃんだけではなく、ママに対してのご褒美も喜んでもらえます。スキンケアセットや、スイーツ、マザーズバッグ等が人気です。

注意したいのが、スイーツの場合、原材料が天然素材であるか?です。母乳で育児をしている場合、ママさんは普段から自分の食べている食事に気を遣っています。天然素材であれば、添加物を使用していることはほとんどないため、母乳育児をしているママさんにも人気です。

まとめ

貰って嬉しかった出産祝いについて解説してきました。ママさん達の主観ではありますが、出産祝いを選ぶ上での貴重な意見でした。贈る相手の事を考えた出産祝いの贈り物をしたいですね。